かもんについて

対象となる子ども

発達が気になる子どもを専門家が支援いたします。(0歳から18歳)

  1. 運動の発達が気になる
  2. 言葉の発達が気になる
  3. 縄跳びが跳べない、体操が苦手、鉛筆や箸をうまく持てないなどの不器用さがある
  4. 字を書くこと、読むこと、理解すること、計算などが苦手など
  5. 食事・更衣・排泄などの生活動作が未獲得
  6. 生活リズムや習慣が整っていない
  7. がまん、じっとしていること、集中すること、人の話を聞くなどが苦手
  8. かんしゃくやパニックを起こしやすい
  9. 順番を守る、集団生活などが苦手

受けられる支援

専門家による一人当たり約一時間の個別指導を行います。
お子さんの目標によっては、小集団で行うこともできます。

  1. 感覚統合療法(作業療法士が対応できます。)
  2. 課題志向型アプローチ
  3. 応用行動分析(ABA)
  4. 視覚構造化支援
  5. 読み・書き・計算などの学習支援(教員免許を有するスタッフが対応できます。)
  6. タブレットなどを使用した指導
  7. ソーシャルスキルトレーニング
  8. ペアレントトレーニング
  9. ボバースアプローチ
  10. 家庭で取り組める指導
  11. 開発した教材や支援具を使用した支援
  12. 摂食嚥下指導
  13. その他

営業日・時間

月曜日から金曜日(土・日・祝日休み)
9時から12時、13時から18時

送迎について

スタッフによる送迎はありません。
利用者用駐車場が3台分用意してあります

利用までの流れ・料金

  1. まずはご連絡ください。(0940-72-  )5/30以降公開します。
  2. 施設見学体験
  3. 市町に利用申請(障害児福祉担当窓口)
  4. 相談支援事業所
  5. 受給者証の手続き・発行
  6. 契約・利用開始

自治体情報

福津市

古賀市

宗像市

参考資料

児童福祉サービスの利用の流れ

障害児相談支援

利用料金

児童発達支援施設の利用料は、その1割が実費負担となります。(材料費などは自己負担)
実費負担分については世帯の所得によって異なりますが、上限額が設定されています。
例えば、課税世帯員の所得割合計額が28万円未満の場合、実費負担額は最大で4,600円で、それ以上負担額は発生しません。

負担上限月額

  • 生活保護受給世帯:0円
  • 市区町村民税非課税世帯:0円
  • 課税世帯員の所得合計額が28万円未満:4,600円
  • 課税世帯員の所得合計額が28万円以上:37,200円