鴨下賢一について

鴨下賢一

(特別支援教育・福祉用具・摂食嚥下)

2019年3月まで静岡県立こども病院で27年間勤務。

未熟児、発達障がい、肢体不自由児、重症心身障がい児、整形外科疾患などを対象に、急性期からの治療を実践してきた。

Qシリーズ、凹凸書字教材をはじめとする福祉用具の開発、書籍執筆、特別支援教育支援(学校などでの支援)に数多く取り組む。

2019年4月に福岡県福津市に転居し、同市にて株式会社児童発達支援協会を設立し、福岡県にて障害児通所支援事業を開始する。

子どもたちやその家族に対して、これまでの経験を生かした発達支援を提供している。また、有志で「発達が気になる子への支援を考える会」も立ち上げ、地域支援のネットワークづくりとボトムアップを始めている。


主な著書


開発した福祉用具・教材など

Qシリーズ
凹凸書字教材シート
ハッスルデンター
トーキングエイド


所属学会など

日本作業療法士協会
日本発達系作業療法学会
日本感覚統合学会
日本DCD学会(DCD:発達性協調運動症)
日本ボバース研究会
ハイリスク児フォローアップ研究会


資格など

感覚統合療法(治療コース終了)
JPAN感覚処理・行為機能検査認定評価者
ブラゼルトン新生児行動評価認定評価者
NDT(ボバースアプローチAコース終了)